2016年 業績一覧

2016年 業績一覧

原著
Nakahigashi M, Yamamoto T, Sacco R, Hanai H, Kobayashi F.
Enteral nutrition for maintaining remission in patients with quiescent Crohn’s disease: current status and future perspectives.
International journal of colorectal disease 2016.1; 31(1):1-7.
松永昌宏, 小林章雄, 柴田英治, 大竹恵子, 大平英樹.
幸福感を高める心理学的介入による心身の健康の増進.
Medical Science Digest 2016.1; 42(1): 2-5.
Sato H, Ito Y, Ueyama J, Kano Y, Arakawa T, Gotoh M, Kondo T, Sugiura Y, Saito I, Shibata E, Kamijima M.
Effects of Paraoxonase 1 gene polymorphisms on organophosphate insecticide metabolism in Japanese pest control workers.
Journal of occupational health 2016.2; 58(1):56-65.
Masahiro Matsunaga, Hiroaki Kawamichi, Takahiko Koike, Kazufumi Yoshihara, Yumiko Yoshida, Haruka K. Takahashi, Eri Nakagawa, Norihiro Sadato.
Structural and functional associations of the rostral anterior cingulate cortex with subjective happiness.
NeuroImage 2016.7; 132-41.
Suzuki T, Sakakibara Y, Hisanaga N, Sakai K, Yu IJ, Lim HS, Mikamo H, Seno H, Kobayashi F, Shibata E.
The association among ferruginous body, uncoated fibers, asbestos and non-asbestos fibers in lung tissue in terms of length.
Industrial Health 2016; 54(4):370-6.
Yamamoto-Hanada K, Futamura M, Yang L, Shoda T, Narita M, Kobayashi F, Saito H, Ohya Y.
Preconceptional exposure to oral contraceptive pills and the risk of wheeze, asthma and rhinitis in children.
Allergol Int 2016.7; 65(3):327-31.
堀礼子, 内田亜希子, 小島菜々子, 落合夏美, 長谷田陽子, 須田真衣子, 眞野まみこ, 小西倫之, 野村敦彦, 篠邉 龍二郎, 塩見利明.
慢性不眠症に対する認知行動療法の有効性の検討.
不眠研究 2016.7; 13-8.
Hiroaki Kawamichi, Kazufumi Yoshihara, Sho K. Sugawara, Masahiro Matsunaga, Kai Makita, Yuki H. Hamano, Hiroki C. Tanabe, Norihiro Sadato.
Helping behavior induced by empathic concern attenuates anterior cingulate activation in response to others’ distress.
Social Neuroscience. 2016.4; 11(2): 109-22.
Kaori Yamakawa, Hideki Ohira, Masahiro Matsunaga, Tokiko Isowa.
Prolonged Effects of Acute Stress on Decision-Making under Risk: A Human Psychophysiological Study.
Frontiers in Human Neuroscience 2016; 10:444.
Akiko Mizuta, Kohta Suzuki, Zentaro Yamagata, Toshiyuki Ojima.
Teachers’ support and depression among Japanese adolescents: a multilevel analysis.
Social Psychiatry and Psychiatric Epidemiology(First Online: 28 December 2016) .
Hiroaki Kawamichi, Sho K. Sugawara, Yuki H. Hamano, Kai Makita, Masahiro Matsunaga, Hiroki C. Tanabe, Yuichi Ogino, Shigeru Saito, Norihiro Sadato.
Being in a Romantic Relationship Is Associated with Reduced Gray Matter Density in Striatum and Increased Subjective Happiness.
Frontiers in Psychology 2016. 7:1763.
Satoshi Shinohara, Yuzo Uchida, Mitsuo Hirai, Shuji Hirata, Kohta Suzuki.
Relationship between maternal hypoglycaemia and small-for-gestational-age infants according to maternal weight status: a retrospective cohort study in two hospitals.
BMJ Open 2016.12; 6:e013749
著書
松永昌宏. 第1巻第2章 感情と健康のメカニズム.
日本健康心理学会 企画. 島井哲志 監修・編著. 大竹恵子 編著. 保健と健康の心理学. 京都:ナカニシヤ出版, 2016.11
稲田健, 堀 礼子. 不眠症.
週刊朝日MOOK(通巻170号) 新「名医」の最新治療2017 – 46疾患100人の名医が解説します -: 150-2. 東京: 朝日新聞出版, 2016.12
柴田英治. 第Ⅳ部第6章 中小企業・小規模事業所における産業保健活動 -現状・課題と今後の方策 -.
岸-金堂玲子, 森岡孝二編. 健康・安全で働き甲斐のある職場をつくる-日本学術会議の提言を実効あるものに-. 京都: ミネルヴァ書房, 2016.
小林章雄. 第Ⅴ部第4章 子育てと仕事の両立の現状と課題 -ワークライフバランスと家庭生活・健康の向上に向けて.
岸-金堂玲子, 森岡孝二編. 健康・安全で働き甲斐のある職場をつくる-日本学術会議の提言を実効あるものに-. 京都: ミネルヴァ書房, 2016.
総説
柴田英治. 地域保健と職域保健の連携促進【特集 産業保健のトピックス】.
公衆衛生 2016.4; 80(4): 251-256.
堀 礼子, 小林章雄. 最新冠動脈疾患学(上)-冠動脈疾患の最新治療戦略-
Ⅳ 冠動脈疾患の発症・親展にかかわる危険因子-冠動脈疾患の基礎疾患と環境因子 ストレス・行動パターン-.
日本臨牀 2016.6; 74(増刊4): 189-192.
報告集・年報・紀要
名古屋大学脳とこころの研究センター: 脳疾患克服に向けた次世代創薬開発のためのコホート・コンソーシアム型研究拠点形成
・松永昌宏, 大平英樹. 機能的MRIを用いた幸福感と共感性の関連の分子・神経基盤の解明. 平成27年度活動報告書 2016; 45.
・大坪庸介, 松永昌宏, 大平英樹.赦しの神経学的基盤に関する研究. 平成27年度活動報告書 2016; 46.
厚生労働省:喫煙の健康影響に関する検討会
・鈴木孝太. 第2章第6節 受動喫煙による健康影響 5.母子への影響(妊婦・小児への受動喫煙). 喫煙の健康影響に関する検討会報告書「喫煙と健康」 2016.09; 360-378. <Web公開
・鈴木孝太. 第2章第8節 母子への影響(妊婦本人の能動喫煙). 喫煙の健康影響に関する検討会報告書「喫煙と健康」 2016.09; 397-417. <Web公開
受賞
第75回日本公衆衛生学会総会. ポスター賞. 2016年10月26日~28日. グランフロント大阪(大阪市)
松永昌宏, 柴田英治, 小林章雄, 鈴木孝太. 青年の幸福感に関連する心理的・遺伝的要因の検討.
特別講演・シンポジウム等
第8回CAPS研究会. 2016年4月5日. 関西学院大学上ケ原キャンパス(兵庫県西宮市).
松永昌宏. 何が私たちを幸せにしてくれるのか?―幸せになるための生理心理学―.
平成27年度名古屋大学脳とこころの研究センターシンポジウム. 2016年1月27日. 名古屋大学(名古屋市).
松永昌宏. 私たちは他者の幸せを感じて一緒に喜ぶことができるのか? ポジティブ感情の共感の分子神経基盤を探る(フラッシュトーク・ポスター).
第89回日本産業衛生学会 政策法制度委員会フォーラム. 2016年5月25日. 福島県文化センター(福島市).
柴田英治. 地域保健との連携を重視し、小規模事業場で働く人々の健康に光を当てる(政策法制度委員会フォーラム『規模事業場におけるこれからの安全衛生活動:大きな改革のために強力なブレイクスルーを』).
Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science – Asia Chapter 2016(ISEE-ISES AC2016). June 26-29, 2016. Sapporo, Hokkaido
Kohta Suzuki. Developmental origins of health and disease(DOHaD) cohort studies and interventions – Perinatal and pediatric epidemiological evidence about Developmental Origins of Health and Disease(DOHaD) from clinical and community settings.
学会・研究会等
3rd International Conference on Civil Engineering for Sustainable Development. February 12-14. Khulna University of Engineering & Technology, Bangladesh.
Hiroaki Terasaki, Tomohiro Umemura, Takuya Akao, Masaki Ito, Teruyuki Fukuhara, Kh. Md. Shafuil Islam. Estimation of production cost of a triangular solar still for remote area of Bangladesh.
第86回日本衛生学会学術総会. 2016年5月11日(水)~13日(金). 旭川市民文化会館(旭川市)
平井 一芳, 梅村 朋弘, 日下 幸則. 小学生の身体活動および体力の地域性 都市部と山間部の比較.
第34回日本生理心理学会大会. 2016年5月14日~15日. 名古屋大学(名古屋市)
松永昌宏, 大平英樹, 石井敬子, 大坪庸介, 野口泰基, 山末英典. 幸せ遺伝子を探る.
第89回日本産業衛生学会. 2016年5月24日~27日. 福島県文化センター ほか(福島市)
・成定明彦, 荒薦優子, 田口要人, 井上義崇, 小林章雄. 製造業大卒新入社員のストレス状態・ストレス対処能力・職業性ストレスの縦断的検討(第5報):トレーナー(新人教育係)に対する「把握感」教育の効果.
・久永直見, 柴田英治, 酒井潔, 鈴木隆佳, 内藤久雄, 上島通浩. 胸部X線写真に胸膜プラーク所見がない建設従事者の胸部CTにおける胸膜プラーク頻度.
・柴田英治. メインシンポジウム 2「次世代につなぐ産業衛生学の実践-大企業から中小事業所に広がる産業保健の実践と今後の展開-」. 座長
・柴田英治. 教育講演 12「大学及び学協会における利益相反マネジメント」. 座長
29th Annual Meeting of the Society for Pediatric and Perinatal Epidemiologic Research (SPER). June 20-21, 2016. Miami, Florida
・Kohta Suzuki, Rei Tsukahara, Zentaro Yamagata. Trajectories of prenatal weight gain among low birthweight and preterm birth infants: A multi-level analysis.
・Kohta Suzuki, Miri Sato, Sonoko Mizorogi, Ryoji Shinohara, Zentaro Yamagata. Effect of maternal smoking during pregnancy on childhood growth by quartile of birth weight using multilevel analysis.
・Miri Sato, Kohta Suzuki, Sonoko Mizorogi, Zentaro Yamagata. Effects of depression on later onset of internet addiction in puberty: a community-based cohort study.
2016 Epidemiology Congress of the Americas meeting. June 21-24, 2016. Miami, Florida
・Kohta Suzuki, Miri Sato, Sonoko Mizorogi, Ryoji Shinohara, Zentaro Yamagata. Effect of maternal smoking during pregnancy on childhood growth by quartile of birth weight using multilevel analysis.
・Kohta Suzuki, Rei Tsukahara, Zentaro Yamagata. Trajectories of prenatal weight gain among low birthweight and preterm birth infants: A multi-level analysis.
The 3rd Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing. July 1-3, 2016. Busan Bexco Convention Center, Korea
Nobuko Shimizu, Tomohiro Umemura, Masahiro Matsunaga, Takayoshi Hirai. Interventions to help the rehabilitation of patients with schizophrenia living in the community – Comparison of the virtual reality sports game (VRG)-.
日本睡眠学会第41回定期学術集会. 2016年7月7日~8日. 京王プラザホテル(東京)
堀礼子; 内田亜希子; 小島菜々子; 長谷田陽子; 須田真衣子; 落合夏美; 佐藤雅子; 今井正人; 眞野まみこ; 小西倫之; 野村敦彦; 篠邉龍二郎; 塩見利明. 閉塞性睡眠時無呼吸を合併したうつ病患者における不眠の特徴.
第62回東海公衆衛生学会.2016年7月16日.穂の国とよはし芸術劇場 プラット(豊橋市)
平工雄介, 酒井潔, 柴田英治, 上島通浩, 久永直見, 村田真理子. ヒト肺組織における石綿繊維量とニトロ化DNA 損傷との関連.
第39回日本神経科学大会. 2016年7月20日~22日. パシフィコ横浜(横浜)
松永昌宏, 川道拓東, 大平英樹, 梅村朋弘 ,堀礼子, 柴田英治, 小林章雄, 石井敬子, 大坪庸介, 野口泰基, 山末英典. セロトニン2A受容体遺伝子多型とポジティブ感情伝染との関連.
The 31st International Congress of Psychology. July 24-29, 2016. Pacifico Yokohama, Japan
・Misaki Ochi, Keiko Ishii, Masahiro Matsunaga, Yasuki Noguchi, Hidenori Yamasue, Yohsuke Ohtsubo. Association between social sensitivity genes and interdependence in Japanese.
・松永昌宏. プログラム委員
日本社会心理学会第57回大会. 2016年9月17日~18日. 関西学院大学(兵庫県西宮市)
・石井敬子, 松永昌宏, 野口泰基, 山末英典, 越智美早, 大坪庸介. 時間割引における衝動性とセロトニン受容体遺伝子多型.
・大坪庸介, 松永昌宏, 田中大貴, 小林章雄, 柴田英治, 堀礼子, 梅村朋弘, 大平英樹. 「ごめんね」だけでは誠意は伝わらない.
2016 International Collaboration for Community Health Nursing Research (ICCHNR) Symposium, September 15-16, 2016. University of Kent, Canterbury, UK
Nobuko Shimizu, Tomohiro Umemura, Masahiro Matsunaga, Takayoshi Hirai. Interventions to help the rehabilitation of patients with schizophrenia living in the community: Use of a virtual reality sports game.
雪氷研究大会(2016・名古屋). 2016年9月28日~10月2日. 名古屋大学(名古屋市).
梅村朋弘, 木村哲也, 吉岡英治, 西條泰明, 日下幸則, 森本宏, 小林章雄. 一般住宅のトイレで発生する事故の地域性と季節性-名古屋,札幌,福井の比較-.
平成28年度日本産業衛生学会北陸甲信越地方会学会. 2016年10月23日. 福井市にぎわい交流施設ハピリン(福井市).
平井一芳, 梅村朋弘, 田村太朗, 佐藤一博, 日下幸則. 職域におけるメタボリックシンドローム発症の生活習慣因子の影響 -縦断研究(7年間)-.
第75回日本公衆衛生学会総会. 2016年10月26日~28日. グランフロント大阪(大阪市).
・塚原怜, 鈴木孝太, 山縣然太朗. 妊娠前の体格別に見た、分娩後の体重減少に関連する要因の検討.
・上かおる, 川合さとみ, 南ふみ, 中山真美子, 津村千賀, 原出君枝, 北野尚美, 鈴木孝太. 喫煙対策を中心とした健康づくりに向けて ~和歌山県御坊市の取り組み~.
・中山真美子, 南ふみ, 津村千賀, 原出君枝, 川合さとみ, 上かおる, 鈴木孝太, 北野尚美. 教育と協働で実施する、5歳児健診を中心とした切れ目のない発達支援.
・鈴木孝太, 北野尚美, 南 ふみ, 中山真美子, 津村千賀, 原出君枝, 川合さとみ, 上かおる, 山縣然太朗. 地域の母子保健情報の電子化による、 妊娠中の喫煙が出生体重に与える影響の検討.
・佐藤美理, 溝呂木園子, 大西一成, 篠原亮次, 鈴木孝太, 山縣然太朗. 乳幼児期の発熱頻度の検討-山梨県内のエコチル調査のデータから.
・松永昌宏, 柴田英治, 小林章雄, 鈴木孝太. 青年の幸福感に関連する心理的・遺伝的要因の検討.
・辻村由佳, 江川由佳, 西岡倫代, 形部裕明、土生川洋, 北野尚美, 鈴木孝太. 県型保健所による管内全域の市町支援~母子保健分野の取り組みを通して~.
・平井一芳, 梅村朋弘, 日下幸則. 幼児期の運動に対する態度・意欲と現在の生活状況が小学高学年の身体活動に及ぼす影響.
・山北満哉, 安藤大輔, 佐藤美理, 鈴木孝太, 山縣然太朗. 小学生の骨強度と加速度計で測定した身体活動、座位時間の関連.
・梅村朋弘, 寺崎寛章, 長谷川美香, 日下幸則, 小林章雄. バングラデシュ南部デルタ地帯で乾季に実施した水質調査について.
・鈴木孝太. 一般演題(示説)第5分科会(親子保健・学校保健P-0501)座長
名古屋大学脳とこころの研究センター第2回プログレスレポート会議. 2016年11月30日. 名古屋大学(名古屋市).
松永昌宏. 友人の幸せは自分の幸せ―幸せの共感の感受性に関連する神経基盤と遺伝子多型―.
第23回ヘルスリサーチフォーラム及び平成28年度研究助成金贈呈式. 2016年12月3日. 千代田放送会館(東京)
鈴木孝太. 乳幼児健診データを用いた母子保健における地域差の縦断的検討.
5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity (PPTOX V: 第5回妊娠前・胎生期・小児期における環境と発育・健康影響に関する国際会議). 2016年11月13日~16日. 北九州国際会議場(北九州市)
Kohta Suzuki, Rei Tsukahara, Zentaro Yamagata. The effect of maternal smoking during pregnancy on birthweight through maternal weight status before pregnancy and gestational weight gain.
日本海地域の自然と環境 第8回研究発表会. 2016年12月2日. 福井大学(福井市).
寺崎寛章, 日下幸則, 福原輝幸, 梅村朋弘, 長谷川美香. バングラデシュの遠隔地に適した太陽熱淡水化装置の提案.
14th International Congress of Behavioral Medicine (ICBM 2016). December 7-10, 2016. Melbourne, Australia
Hori Reiko, Sasanabe Ryujiro, Shiomi Toshiaki. Differences between depressive men with and without obstructive sleep apnea.
講演会・研修会
愛知県健康管理機関協議会セミナー. 2016年3月9日. 日本陶磁器センタービル(名古屋市).
柴田英治. 特殊健康診断と 最近の法令改正.
愛知県医師会認定産業医研修会. 2016年4月10日. 愛知県医師会館(名古屋市).
柴田英治. 有害業務管理.
山梨県小児保健協会母子保健研修会. 「ノースモーキング ヘルシーキッズ山梨」.2016年5月28日. かいてらす(甲府市).
鈴木孝太. 親子を取り巻く、喫煙に関する最近の知見 ~妊娠期からの喫煙対策~(基調講演).
名古屋市立大学大学院医学研究科環境労働衛生学分野第498回衛生学研究会. 2016年7月29日. 名古屋市立大学(名古屋市).
鈴木孝太. 周産期から小児にかけての疫学研究.
愛知県医師会認定産業医研修会. 2016年9月27日. 愛知県医師会館(名古屋市).
柴田英治. 化学物質取扱いと産業医の役割.
第278回疫学懇話会. 2016年10月3日. 愛知医科大学本館(長久手市).
鈴木孝太. 胎児期からの発育に関する疫学研究.
平成28年度第1回愛知医科大学産業医研修会. 2016年10月15日. 愛知医科大学本館(長久手市).
・柴田英治. 有機溶剤と特定化学物質.
・梅村朋弘. 職業性アレルギーと職業性皮膚障害およびその管理予防.
中村区学校保健(保健主事部・養護部合同)研究部会. 2016年11月29日. 名古屋市立笹島小中学校(名古屋市).
鈴木孝太. 小中学生の電子メディア利用と心身の健康.
第8回「東海職域睡眠の会」セミナー. 2016年12月1日. ウインクあいち(名古屋市).
堀礼子. 事例検討「学校・職場における睡眠障害」(回答者).
その他(新聞記事等)
梅村朋弘. 入浴中の事故多発に警鐘を鳴らす(人脈縦横). 北陸工業新聞. 2016年1月12日.
松永昌宏. 幸せと脳との関連が明らかに―日本国民の幸福度の向上に期待―. プレスリリース. 2016年7月14日.