松永昌宏
出身地 愛知県
学歴・職歴
平成17年
広島大学大学院生物圏科学研究科 博士課程後期修了
平成17年
日本学術振興会特別研究員(PD)
平成20年
藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院 神経内科(心療内科)研究補助員
平成23年
自然科学研究機構 生理学研究所 心理生理学研究部門 特任助教
平成25年
愛知医科大学医学部 衛生学講座 講師
専門分野 生理心理学・神経内分泌学・衛生学
学位 博士(学術)
所属学会 日本心理学会
日本神経科学学会
日本生理心理学会
日本衛生学会
日本公衆衛生学会
日本ストレス学会
American Psychosomatic Society
研究内容 定期試験の前などで大きな不安を感じている時は食欲がなくなったり、体調を崩しやすくなったりすることは多くの人が感じていると思います。また、不安とは逆に、例えば何かに熱中してポジティブな気持ちに囲まれている時は、これまでにないくらいにからだの調子がいいと感じたりもするかもしれません。このように、個人の感情状態は私たちの健康状態と密接に関連しています。こうした感情と健康との関連のメカニズムに興味があり、神経科学的・精神神経内分泌免疫学的な観点から研究を進めています。
衛生学講座に赴任してからは、共感や信頼感など、社会的な人と人とのつながり(ソーシャルキャピタル)と心身の健康状態との関連にも興味を持ちはじめ、磁気共鳴画像装置(MRI)を用いて人の脳の構造や機能と結びつけながら、社会神経科学的にそのメカニズムを追求しています。
こうした研究を通じて、私たちが幸せで健康な生活を送るためにはどうすればよいかということに対するヒントが見つかればいいなと思っています。
業績 業績一覧はこちらから
E-mail matsunag@aichi-med-u.ac.jp